美味しさへのこだわり


もつ鍋 名古屋「まぼろし家本舗」TOP
>幻のもつ鍋のこだわり

舌先でとろける感触、口の中にひろがる旨さ。激旨牛もつ。
まぼろし家本舗の牛もつはお肉だけが別のお皿に盛られて出てきます。鍋に入っては出てきません。もつに自信があるからこそ出来る、新鮮な牛もつの証です。お出しするときに見るそのキレイなピンクは新鮮の証。「ぷりぷり、口のなかでとける」と評判は伊達ではありません。 お口の中でとろけるその食感は、「もつ(ホルモン)」のイメージをきっと変えるはず。

絶妙のバランスを誇る、自慢の秘伝スープ。
本場九州・博多で受け継がれてきた、三十数年の歴史の誇る秘伝のスープ。 数種類のダシをベースにした、コクのある醤油スープ&あっさり美味しい塩スープが当店の自慢です。おいしい具材と一緒にしたときの絶妙のバランスをお楽しみ下さい。

野菜にだってこだわりがあります。
もつ鍋のもうひとつの主役、キャベツ・ニラ。野菜屋さんから毎日仕入れるから新鮮そのもの。安心・安全、有機キャベツのほのかな甘みのある旨さがたまりません。 美味しいから知らず知らずのうちに、野菜をたっぷり食べられる。それが当店のもつ鍋です。

愛がある、仕込み。
牛もつ、キャベツ、ニラ等、もつ鍋に使う具材は毎日各お店で仕込んでいます。 牛もつは丁寧に流水で洗い、もつの具合を見ながら、切り込みの大きさや薄さをひとつひとつ確かめつつ、手切りしていきます。機械切りが主流の中、手切りだからこそできる、美味しくなるノウハウがそこには隠されています。 キャベツも食べやすい大きさにカットとし、芯の部分はスライスして提供。 お客様の美味しい笑顔のために、手間ひまかけて、愛情こめて。